2016年11月15日 (火)

【求人の旬?来年に繋がる準備を!】今年を振り返ろう♪12月にぴったりの保育

12月といえばやっぱり取り入れたいのがクリスマス。

クリスマスツリーを飾って、サンタさんのお迎えの準備をして・・・と、わたしたちもついついウキウキしちゃいます。
子どものクリスマスは大人になってもずっと記憶にのこるもの。保育園でもしっかり楽しい思い出を作っていきたいですね。

また、12月ということで今年1年を振り返ってみるのも良いのではないでしょうか。

そんな12月におすすめの製作、歌、絵本をご紹介します!
Printi207


12月におすすめの製作

クリスマスツリーを作ろう

もみの木をつくって、そこに飾りをみんなでペタペタ・・・。

立体だと高さがあって飾り付けが難しいクリスマスツリーでも、壁面製作なら画用紙だから飾り付けが簡単ですね♪

1人ずつのミニツリーにして、みんなのツリーを飾るのも素敵です。

おすすめの飾りは

  • キラキラのモール
  • 小さくちぎったワタや丸めたティッシュの「雪」
  • 画用紙を丸や星形に切り抜いたもの

です。新しく材料を用意しなくても、紙をまるめたり、保育園にあるもので用意できますよ。

同じ要領で、クリスマスリースを作るのもいいですね。

かまくらであったまろう

おおきなかまくらを画用紙で用意します。

人型をつくって、洋服や顔を子どもたちに書きこんでもらいます。それをかまくらのなかにぺたぺたっと貼っていってもらいましょう!
「みんなで集まるとあったかいね~」と声をかけながら、楽しくはれますよ。

まわりを雪や動物で飾れば、立派な壁面製作になります!


12月におすすめの歌


あわてんぼうのサンタクロース

子どもたちが楽しみにまっているサンタさんの歌を歌えば、もりあがること間違いなし!
チャチャチャのリズムに合わせて手をたたいたり、足を踏み鳴らしたり、楽器を使うのもいいですね。

ちょっと歌詞がむずかしいので、歌詞の紙を用意してあげたほうがいいかもしれません。
動画をみる

ジングルベル

クリスマスといえばこのうた!というくらい有名なのがこの「ジングルベル」。
歌詞も簡単なので、小さいクラスの子どもたちでも歌うことができます。

音程も簡単なので、楽器でとりくんでみるのもいいですね。鈴などであれば、楽器が苦手な子でも楽しく参加できますよ。
動画をみる

たき火

クリスマスソング以外も歌いたい、というときはこちら。
あったかい焚き火が連想できる、昔ながらの童謡です。
おばあちゃんなどとも一緒に歌える、家でも楽しめる歌ですね。
伴奏も簡単なので、ピアノが苦手な保育士さんでも大丈夫ですよ。
動画をみる


12月におすすめの絵本


ぼくのてぶくろ

【あらすじ】
ある日男の子が家に帰ると、片方の手袋がなくなってしまっていました。
いつも遊ぶときは一緒だった大切な手袋。男の子が手袋を探しに行く物語です。

12月になると手袋をつけてくる子どもも多くなりますよね。そんなときに読みたいのがこの本です。
手袋っていつのまにか片方がなくなっちゃう・・・という人も少なくはないと思います。子どもたちもそうで、保育園にかたっぽだけ転がっているということもしばしば。
共感しながら読める冬らしい絵本です。

しんせつなともだち

【あらすじ】

雪がふりつもって食べ物がなくなる冬、子うさぎは食べ物を探しに出かけます。そこで2つのかぶをみつけた子うさぎは、1つだけ自分でたべて、1つはろばにおすそ分け。お出かけから戻ってきたろばは、家の前におかれたかぶを見かけて不思議に思い、やぎに届けます。そしてやぎからしかへ、しかから子うさぎへと届いたかぶ。

ともだちのあたたかさを感じる、素敵な1冊です。たいせつな食料を「ともだちにあげよう」と考える動物たちのやさしさに、子どもも感動しています。

自我が発達してきてけんかが増える3歳~4歳にぴったりの絵本。



12月は、もちろん 【求人の旬】でもあります。4月入園を目指して、一気にポジションが動く時。狙った求人は迷わず応募です。


参考サイト:東京都の保育士・幼稚園教諭の求人なら【FINE!保育】


但し、最近では


参考サイト:【医療・福祉に共通課程 進路変更後押し 厚労省検討】

http://mainichi.jp/articles/20160530/ddm/002/040/102000c


といった形で、保育士の基礎課程を他業種の資格取得に共通化する動きもありますので、


参考サイト:看護師☆求人ひろば



参考サイト:看護師の求人・転職・募集なら【マイナビ看護師】≪公式≫


といった他業種の転職サイトを覗いてみて、来年の活動に繋げてみては如何でしょうか?
特に、好待遇化した看護師業界の求人票については
『え”っ!!、こんなにもらってるの?』
と驚くこと請け合いです^^ご参考まで。

2016年10月12日 (水)

【求人の旬は?】実りの秋!10月にオススメの保育計画案

秋らしさも深まってくる10月。季節感を逃さず取り入れた、実りの秋をみんなで楽しめる保育をしたいですね。

秋には運動会などの行事がある保育園も多いのではないでしょうか。子どもたちが運動会の準備も楽しめるよう、毎日の歌や制作でも盛り上げていきましょう!
Helloween021

10月に多い行事

  • 運動会
  • 秋の遠足
  • ハロウィン
  • お芋掘り

こちらが10月に行われることの多い行事です。見てみると、10月は題材が盛り沢山ですね。大きなイベントを取り入れすぎても先生の準備が負担になってしまいますので、いくつかイベントを絞って取り組むのが良いでしょう。

秋らしい歌

焼き芋グーチーパー

焼き芋グーチーパーの動画

芋ほりにいくなら、その前にこの手遊び歌をみんなで歌いましょう!楽しくておいしい焼き芋に期待が膨らみ、芋掘りがもっと楽しくなりますね。

ちいさい秋みつけた

ちいさい秋みつけたの動画

言わずと知れた有名な童謡ですね。どの年代でも知っている歌なので、おうちでもお母さんと一緒に楽しむことができます。伴奏も比較的簡単なのが嬉しいですね。


大きな栗の木の下で

大きな栗の木の下での動画

こちらは振り付けも有名な歌ですね。手をいっぱいに伸ばしている子どもたちがなんともかわいいものです。簡単な歌なので、縦割りクラスでも取り組むことができそうです。

ハロウィンに使える歌やダンス

かぼチャチャチャ

かぼチャチャチャの動画

簡単な振り付けですので、ハロウィンのお楽しみにぴったりですね。身体を動かすことで、子どもたちとの一体感も強くなります。

ハロウィンのうた

ハロウィンのうたの動画

こちらは保育士さんがつくったハロウィンの歌だそうです。さすが保育士さんだけあって、子どもたちが盛り上がるポイントをおさえてますね。
ハロウィンってなあに?という子どもたちの疑問にも歌いながら答えられちゃいます。

秋に向けて戸外遊びの時は子どもの様子に注意

季節の変わり目になると、子どもも大人も体調を崩す子が多く出てきます。秋~冬にかけて流行する感染症には、

  • インフルエンザ
  • ノロウイルス感染症
  • ロタウイルス感染症
  • 溶連菌感染症
  • RSウイルス感染症

など重篤な症状になるものも。(感染症の疑いのある子どもの保育は、 【保育士が教える感染症対策】といった感染症に関する情報があるサイトをご覧ください)

また10月は、次の3月に向けての転職活動がスタートする時期です。実りの秋に、保育園の求人の旬も逃さず捕まえましょう

室内あそびや戸外遊びのときは、体調を崩している子どもがいないかしっかりと目を配りましょう。また、遊ぶときは元気いっぱいだけど、お昼寝の時間になると真っ赤な顔でふうふう言いながら寝ている・・・という子も。

普段の様子と変わりはないか?元気がなかったり、ぐずっていたり、顔色がわるかったりする子どもはいないか?ということに気をつけながら遊びましょう。

2016年9月13日 (火)

【求人の旬?】新年を祝おう。1月におすすめの保育

お正月休みが終わって、「おばあちゃんちに行ったよ~」と報告してくる子どもたちもいる1月。
せっかくお正月があるのですから、日本の伝統的な遊びなどに挑戦してみるのも良いですよね。

また、インフルエンザや風邪がはやりだしてくる季節でもあります。
病気の予防には、体力づくりも効果あり。寒さがますます厳しくなってくる1月ですが、しっかり身体を動かして風邪予防をしましょう!

Illust2675
1月におすすめの制作

お正月らしいものを作れるのはこの時期だけ!しっかりと日本の伝統を伝えていきましょう。

てのひらスタンプの羽子板

羽子板の形に画用紙を切っておきます。
そこに、子どもたちが思い思いの装飾を!

装飾の案は次のようなものがあります。

  • マジックやクレヨンで好きな絵を書く
  • 手のひらに絵の具をつけてスタンプをおす
  • 顔型の画用紙をもう一枚用意し、目の周りに黒丸など落書きをする
  • 和柄の千代紙を切ったものを貼り付ける

和柄の意味などを教えながら、装飾するのも楽しそうですね。

できた羽子板は壁面制作に利用しましょう!
子どもや動物のイラストに合わせて貼り付ければ、にぎやかな羽子板あそびの風景が完成ですよ。

だるまでふくわらい

だるま型に切った赤い画用紙の上に、顔用に丸く切り抜いた肌色の画用紙を貼っておきます。
顔のパーツをくばって、目を閉じながらぺったんこ!

用意する顔のパーツはこちら。

  • 太いまゆげ
  • 丸い黒い目
  • くちひげ

リボンなどの飾りを用意するのも良いですね。
「変な顔になったー!」と大騒ぎの子どもたちが目に浮かびます。

1月におすすめの歌

お正月

言わずと知れたお正月の歌。おじいちゃんもおばあちゃんも、みんな知っている歌ですね。
元気よく歌いましょう。

お正月の動画

雪やこんこ

地域によってはもう雪がふっているところもあるでしょう。
雪がつよくて外遊びはちょっと・・・というときに室内で元気よく歌いたいのがこの歌。

伴奏が簡単なのも、保育士にとっては嬉しいですね。

雪やこんこの動画

鬼のパンツ

2月の節分にむけて、1月から期待を高めていきましょう!

子どもたちが大好きなキーワードでもある「鬼」「パンツ」。
このうたは手遊び歌でもあるので、手をたたいたり踊ったりして、元気よく歌えます。リトミック保育を取り入れている保育園でもよく歌われる歌です。

鬼のパンツの動画

1月と言えば転職活動。 【求人の旬?】と聞かれたら、答えはYes以外にありません。行動しましょう。

2016年9月 8日 (木)

【求人の旬】11月の保育は秋を感じよう

すっかり風も冷たくなって秋めいてくる11月。

12月にむけて冬らしいことをするか、秋をとりいれるか迷いがちな11月の保育ですが、おすすめの製作と歌と絵本をあつめました。

Illust2505
11月の保育におすすめの製作

きのこづくり

画用紙できのこのかさとしんの部分をつくって、はりつけておきます。かさの部分を大きめにつくるようにしましょう。

きのこのかさの部分に、園児が思い思いの装飾をします。
おすすめの装飾のかざりは・・・・

  • 画用紙を三角、丸などに切ったり、パンチでかわいく切り出したもの
  • マスキングテープ(カット済みでも)
  • 毛糸やはぎれ

完成したら壁に飾れば、壁面製作の完成です。

てのひらもみじ

B紙を貼り合わせるなどして、壁面いっぱいにはれそうな大きな紙を用意します。
紙の下には、汚れてもいいようにビニールシートなどを敷いておきましょう。

溶いた絵の具を紙皿などにひろげておきます。もみじにするので、赤や黄色、茶色、オレンジなど、暖色系の色を数種類用意すると良いです。

手を溶いた絵の具につけて、紙に「ぺたん!」とします。

クレヨンや丸く切り抜いた画用紙で目や口をつけるのもいいですね。



11月の保育におすすめの歌


おじいさんおばあさん

敬老の日がある11月だからこそ歌っておきたいのがこちら。
普段一緒に過ごしているおじいちゃんおばあちゃんに感謝の気持ちを伝える習慣を教えてあげましょう。
動画はこちら

空にらくがき書きたいな

11月になると空も高くなって、きれいな雲が見えますね。
そんな広い青空の日に歌いたいのがこちら。
みんななら何書くー?という会話が楽しめるのも良いですね。
歌のあとの製作にものりのりで取り組めそうです。
動画はこちら

山の音楽家

いろいろな楽器のことを教えつつ、元気よく歌いたい歌。
伴奏も簡単で初心者むけなのも嬉しいですね。
元気よく足踏みをしながら歌いましょう!
動画はこちら


11月の保育におすすめの絵本

びっくりまつぼっくり

【あらすじ】
ある日、まつぼっくりを拾った男の子。とっても喜んでいたのに、雨にぬれてしまってまつぼっくりが小さくなってしまいました。悲しい気持ちでいっぱいの男の子でしたが、朝になったら松ぼっくりが元通り!

「びっくりしょんぼりまつぼっくり」という言葉の語感がよく、子どもたちがお気に入りのフレーズになります。

朝元気になったまつぼっくりの「すっかりはりきりまつぼっくり」というのも可愛い。


もりのおふろやさん

【あらすじ】
森になんとお風呂が登場!そのお風呂をしかたちが楽しんでいると、誰かの声が聞こえてきます。なんと、もうひとつ小さなお風呂があって、くまの親子が入浴中だったのです。

落ち葉がたくさん落ちる季節によみたいのがこの絵本。
たくさんの落ち葉をかきわけるようにお風呂が湧いてくるのもたのしい。
動物たちのほっこりした掛け合いに心があたたまります。

さて11月と言えば、次の4月に向けて『転職しようと思ってるんです。。すみません。。』と延長に報告する人が出てきます。と、いう事は、もちろん求人も右肩上がりに増える時期になります。保育士転職を考えている方は、チャンスを逃さず、乗り切りましょう!

2016年8月30日 (火)

【求人の旬】2月におすすめの保育計画案

2月といえば、季節の行事は「節分」です。豆まきは、子どもたちにとって楽しいイベントの半面、鬼との遭遇は特に小さな子の阿鼻叫喚を誘う、お決まりの行事ですね。

節分は、立春の前日に無病息災を願う、古き良き日本の文化です。
そんな文化に触れながら、もうすぐ訪れる春は別れと出会いの季節です。
年長児にとっても、在園児にとっても素敵な思い出も多く作るだけでなく、成長を感じられる保育計画を立案したいですね。

寒さもまだ強く、インフルエンザなどの感染症などのリスクも高い時期です。
健康面に注意しながら、楽しい保育計画を立案しましょう。

季節にちなんだ音楽を楽しもう

寒い中ですが、春に向かって元気よく歌いたいですね。

・鬼のパンツ
・コンコンクシャンのうた
・北風小僧の寒太郎

2月の行事を取り入れよう

節分 

2月のメインイベントですね。園で豆まきのイベントをすることも多いと思います。異年齢で協力して豆まきをするのもいいのでは。年長さんぐらいになると、鬼に勇敢に立ち向かう姿もみられます。鬼が苦手な子には、可愛い鬼の等身大パネルで代用するなど、必要以上に怖がらせない配慮を。

バレンタインデー 

年中さん・年長さんになると好きな男の子に渡すんだ~なんて、ちょっとおませさんな子も出てくる時期ですね。しかし園によっては、園児同士のお菓子やチョコレートの受け渡しを禁止しているところも多いですね。そもそもバレンタインデーとは、どんなイベントなのでしょうか。本来はお世話になった人へ、男女関係なくプレゼントを渡すイベントです。チョコを渡したり、女の子が告白したりするのは日本独自の風習なのです。

保育園向けにイベントをアレンジするなら、家族や先生、友達に感謝の気持ちをプレゼントするのはどうでしょうか。あげるのはカラーセロファンと新聞紙で作ったキャンディーです。給食の先生や、お世話になっている近所の方に渡すのも素敵ですね。


思い出づくりをしよう

年長さんは、来月卒園を控えています。年長クラスなら、思い出づくりに関した制作に取り組むのもオススメです。

・紙粘土で作った写真立てにクラス全員の集合写真を入れる
・今の自分を等身大で残そう

2人一組になって、一人が模造紙の上で横になり、体の輪郭を鉛筆でなぞります。顔や洋服を描いたら、今の自分の等身大の姿を残しておけます。模造紙はたためますので、成長記録としてお家で保存しやすいのもオススメポイントです。


未満児クラス向け、室内遊び

寒さがまだまだ残る2月。1、2歳児クラスはゆっくりお部屋で楽しめる内容をたくさん用意しましょう。

エプロンシアター

エプロンからお話のキャラクターが飛び出てくるのは、紙芝居や絵本にはない楽しさ。
小さな子でも、わかりやすいようにキャラクターが少ないお話を選んでください。

輪っこくぐり

フラフープを使って、くぐって遊びます。まだ歩けない子は保育士が抱っこしてあげてもいいですね。何本もつなげて連続でくぐるなど、狭い室内でも体を動かせる遊びです。

いすとりゲーム

ルールを易しくして、椅子を減らさないで音楽が止まったら座るだけにアレンジ。これだけでも、子どもたちはとっても盛り上がります。2歳児ならお友達を押してはいけないことを予め説明しておくと、ルールの勉強にもなりますよ。



季節の制作

製作は節分に関したものを中心に取り入れましょう。
オススメは豆まき用の豆を入れるマスや小物入れ、鬼のお面、鬼のパンツです。
鬼が苦手と泣く子も、鬼のパンツは大好きですよね。可愛い鬼になりきってしまえば、本物の鬼は出てこられなくなるかもしれませんね。

次月の準備のひな祭りに関する用意も良いですね。早めに取り組むことでお内裏様・お雛様の制作をじっくり行えます。

運動遊び

年度末になり、各学年の子どもたちの運動能力も年齢相応で揃うころですね。
天気が悪い、寒さが続く中だと、室内遊びが多くなりがちです。
気になるのは、寒さからついつい手をポケットに入れてしまう子です。ポケットに手を入れる癖をつけてしまうと、歩いていて転んだ時に咄嗟に手をつくことが出来なくて、大きな事故につながりかねません。

そんなときはハイハイかけっこで遊びましょう。
室内(遊戯室や体育室)で遊ぶのに、とても良い運動遊びです。
全員がハイハイ(年長さんなら高バイ)でおいかけっこをします。
たったこれだけですが、手をつく動作の練習にもなります。
また足が遅い子でも、大差なく楽しめます。

大人は意外と大変なので、担任だけでなく、園長先生たちも巻き込んで一緒にやると、とても盛り上がりますよ。

さて2月と言えば引っ越しシーズン。と同時に、転職シーズンでもあります。4月入園のラストスパート、3月に入って求人が少なくなる前に、一気に駆け込みましょう。

2016年8月27日 (土)

5月の保育にぴったりの製作と運動あそび

前回は5月の保育にピッタリの歌や遊びをご紹介しました。

今日は、制作と運動あそびについてご紹介します。母の日や端午の節句など、取り入れたいイベントの多い5月ですから、忘れずに取り入れて工夫ある保育をしましょう。
Printi194

5月の制作

季節の政策では「こいのぼり」などの端午の節句、「母の日」に関するお母さんへのプレゼントなどが良いでしょう。

こいのぼりでは、子どもの手形を鱗に見立てて鯉を作ると、成長の記念品にもなります。

子どもたちをこいのぼりに見立て、壁面制作(床に置いて)をして写真で残すのもいいですよ。写真の背景となる絵をクラス全員で制作するのも楽しいですね。

母の日では、お母さんへ日ごろ感謝を込めたプレゼントを制作しましょう。 似顔絵もいいですが、実際にお母さんに使ってもらえるものを作ると、もらった喜びは倍です。
小物入れや輪ゴムハンガー、折り紙コサージュのブローチなどもいいですよ。

子どもは大好きな人への贈り物作りが大好きですから、是非時間を多めに取って、全員が素敵なプレゼントを作れるようにしたいですね。

運動遊び

雨が降ることも少ない5月ですから、外で元気よく遊びましょう。
こちらの遊びは室内でも出来ますので、雨がふってしまったときの室内遊びでも使えますよ。

お友達との関わりのきっかけを作る、ボールを使った遊びを取り入れてみましょう。 軽い、ボールを用意します。

子どもを一列に並べ、前の子から後ろの子へボールパスをします。

最初は自由にパスをします。ボールを持って渡すことになれたら、前を向いたまま、頭の上から渡します。次は足の間をくぐらせます。 この動作は体を伸ばす動作が伴います。

体のかたい子が多いと言われていますので、背筋を伸ばす、前屈の姿勢になれるボールパスは、体を動かせる良い運動です。

慣れてきたら。2列にしてボールパス競争をしましょう。
どうしたら、早くパスが出来るのか。子どもたち同士で作戦会議をする姿が見られることもあります。

次は2人組で手をつなぎ、ボールをつないだ手で挟み、落とさないようにゴールを目指します。

相手を変えて、ボールを2人で抱っこしながらゴールを目指します。 2人でボールをおんぶしてみるのもいいですよ。

最初はゴールすることを目指しますが、慣れてきたらチーム戦にしても楽しいですよ。 2人組は、いろんな相手と組むようにします。
そうすると、普段よく遊ぶ以外の子との関わりを持てます。相手によっては運動が得意・不得意の子もいます。
相手に合わせて動く、ということも、ペアを組むことで学べます。

どうしてもうまくいかない場合は、保育士が補助に入って下さい。

2016年8月26日 (金)

5月の保育に使える歌や遊び

5月といえば、端午の節句があります。子どもの健やかな成長を願う、日本のよき文化です。

日本の文化に触れられる機会は、ぜひ大切にしてほしいと思います。
しかしながら、保育園は新入園の園児を迎え入れたばかりで、園全体がまだまだ落ち着かない時期でもありますね。

気候が穏やかですから、外遊びもめいっぱい取り入れながら、保育園にまだ慣れない子どもたちもゆったり楽しめるような保育計画を立てましょう。
Index

季節にちなんだ音楽を楽しもう

気持ちのいい天気が続きますから、そんな季節を表すような明るい歌を選びましょう。

こいのぼり
こいのぼりの歌の動画

しゃぼん玉
シャボン玉の歌の動画

ことりのうた

ことりのうたの歌の動画

5月の行事を取り入れよう

端午の節句

こいのぼりを見たことがあっても、どんな行事なのか知らない子も多いです。

年齢に合わせて、端午の節句がどんな行事なのか話をすると、興味を深められます。

母の日 

いつも頑張っているお母さんへ、感謝の言葉を伝える大切な日です。お母さんのために、なにか制作をしてプレゼントをするのも良いですね。

父子家庭など、母親がいない子がいる場合は、母親代わりの人へのプレゼントになるよう配慮を忘れずに。

散歩をしよう

天気のいい日は、ゆっくり散歩をしてみるのも楽しいですよ。クラスではまだ緊張してしまう園児も、外で自然を見る、空を飛ぶ鳥を見ただけでも気分が変わります。

クラスが落ち着かないと、何かゲームをしようと無理に何かを計画してしまいがちですが、あえて何もしないというのも、一つの選択肢です。

子どもたち同士で、何かを発見すると、自然と打ち解けられることに繋がります。 また何かをしなくてもいいので、子どもが自由に伸び伸びと楽しめるメリットも。

新入園児が多い場合は、安全配慮を特に徹底することが求められますが、園ではできない体験が出来るのが散歩です。

気候のいい5月は楽しいお散歩にオススメです。

日光浴もオススメ

クラスの状況や年齢で、お散歩が出来ない場合は日光浴もオススメ。

5月は紫外線も強いので、長時間日光に当たることがないように配慮しながら、テラスで遠足ごっこも楽しいですよ。

レジャーシート(ブルーシート)を敷くだけでも、気分が盛り上がります。 おやつのお茶を飲みながらもいいですね。

2016年8月12日 (金)

季節の変わり目を感じよう。9月にオススメの保育計画案

お盆休み中の保育士さんも多いかと思いますが、お盆があけたらすぐ9月が始まります。

まだまだ暑さは残っているけど、秋に向けて季節を意識したネタを取り入れていきたいのが9月の保育。

そんな9月の保育につかえる保育ネタを集めました。

Index

9月の保育におすすめの歌

虫のこえ

虫のこえ

「あれまつむしがーないているー」の歌い出しは、保育士さんもお母さんもみんなが知っている歌。ご家庭でも楽しく遊んでいただけそうです。

「チンチロチンチロチンチンチン」のリズムは、小さい子から年長組さんまで楽しめる歌ですね。
伴奏があまり必要ないのも、保育士さんにとっては嬉しいです。

夕焼け小焼け

夕焼け小やけ

「ゆうやけこやけでひがくれてーー」

日が落ちるのが早くなってくるこの時期に歌いたいのが夕焼け小焼け。

小さいころに歌った保育士さんも多いのではないでしょうか?年代を超えて愛されている童謡です。

使う音も多くないので、木琴やピアニカ、カスタネットなどを利用して合奏してもいいかもしれませんね。

遅くならないうちにおうちに帰る習慣をつける歌でもあります。

十五夜お月さん

十五夜お月さん

今年の十五夜(中秋の名月)は、9月15日(木)だそうです。おやつでおだんごが出るという保育園もあるかと思います。そんな十五夜の時期にぴったりの歌です。

手遊びにぴったりの歌

ただ歌うだけでなく、手遊びも取り入れてみましょう!身体をうごかしてリズムをとっているうちに、こどもたちもノリノリに!

げんこつやまのたぬきさん

げんこつやまのたぬきさん

保育園で人気の手遊びといったらこれ!

縦割り保育などでも、年長の子が年中・年少さんに一生懸命教えてあげている姿が見えるのでおすすめです。

心唱もおもしろい

今回ご紹介した歌、実は心唱にももってこいなんです。

心唱とは、声にださずに心の中でうたって楽しむこと。保育園では「ないしょの歌」と呼ばれたりもします。

1回めは心唱で、手遊びやジェスチャーのみ。2回めは元気よく!とすると、1回めで高まった子どもたちが元気よく歌ってくれます!

それぞれが思い思いのジェスチャーを考えてくれるのも楽しいですよ。

2016年8月 5日 (金)

雨に負けない!6月にオススメの保育計画案

6月と言えば、梅雨のイメージが強いですよね。天気が悪い時期はなかなか外遊びが出来ないので室外と室内の保育計画を両方立案しなければいけないちょっとめんどくさい時期でもあります。また外で遊べないことで活発な子がちょっとトラブルを起こしてしまったりと、保育士として気を付けなければいけないことも多々。

元気いっぱいな子どもたちの気持ちも上手にくみ取りながら、楽しい保育計画をたくさん用意して晴れでも雨でも戸惑うことなく保育が出来るようにしたいですね。今回はそんな保育計画の立案のアイデアをたくさんご用意しましたよ。

季節にちなんだ音楽を楽しもう

・でんでんむし
・あめふりくまのこ
・かえるのうた

どの曲も、年少から年長まで口ずさめる曲です。雨が続いて楽しくないな、という子どもの気持ちを吹き飛ばすつもりで歌いましょう。簡単な楽器を取り入れて演奏会ごっこも楽しいですね。

6月の行事を取り入れよう

6月4日は虫歯予防デー

歯磨きに関した製作がオススメ。ただ歯を磨くだけでは子どもたちは虫歯や歯磨きにはピンときません。

歯磨きを積極的に行える歯磨きカードを作って保育園やおうちで継続的な歯磨きを習慣づけるチャンス作り。

歯磨きをしたらカードにシールを貼る、たったこれだけでも子どもたちにとってはとっても嬉しい作業です。

6月10日は時の記念日

自分だけのオリジナル時計を作ってみよう。材料は自由に揃えたものでも、保育士がベースを用意したものでもOK。年齢に合わせた準備を。

自分で作った時計は子どもたちにとって自分だけのペースで進む魔法の時計です。これを使って遊ぶことで自然と時間への興味が湧くことでしょう。

子どもが一番好きな時間は、やっぱりおやつの時間?クラス全員に質問してみるのも楽しいですね。

伝承遊びをしてみよう

・かごめかごめ
・はないちもんめ
・まりつき
・ずいずいずっころばし

年齢が低い場合は保育士がしっかりサポートしてあげることが必要となりますがどの年齢でも楽しく遊べます。

小さな輪になればお部屋でも楽しむことが出来ますね。

昔ながらの遊びは素朴ながら繰り返し楽しめるものばかり。
特別な道具なども必要ありませんから、雨の日はお部屋で伝承遊びに取り組んでみるのもオススメです。

季節の製作

雨の季節ということで、製作はアジサイ・かたつむり・かさ・長靴など雨に関係したものがやはり多いですね。折角ですから、雨を楽しめる製作も取り入れてみましょう。

大型のビニール袋を使って手作りのカッパはいかがでしょう。小雨なら被って外遊びも可能ですよ。色とりどりのビニールや、自分の好きな色をつけたり絵を書けば憂鬱な雨の日も楽しくなりますね。

他にはお部屋での時間が長くとりやすいと、じっくり製作時間を設けられるのでテーマを決めた大型の製作もおススメです。

具体的な例だとお店屋さんごっこです。自分たちで好きなお店をつくり、販売と購入をするだけでなく異年齢での関わりを持たせる機会をつくると楽しいですね。

梅雨だけでなく、派生して夏祭りなど梅雨から夏へとテーマを広げやすいですよ。

実例だとお店屋さんごっこ→夏祭り→お化け屋敷で楽しんでから保育士たちでお化け屋敷を仕上げて、お盆休み前の思い出作りというのもあります。

アイデアは無限大ですからどんどん楽しめるお店屋さんごっこで雨を吹き飛ばしてしまいましょう。

体育室(遊戯室)で運動遊び

外で思いっきり遊べないなら、体育室(遊戯室)などのホールなどを使って運動遊びを取り入れましょう。園によっては、専門の先生をお呼びして本格的な運動遊びを取り入れているところもあると思います。

運動とあそびを結び付けた動作で子どもたちのバランス感覚や運動能力を引き出します。年々子どもの運動不足が問題となっていますから、保育士も積極的に保育に取り入れたい分野です。今回は室内遊び向けの運動遊びを紹介します。

ハイハイ競争

以上児さん向けに楽しめます。最初はハイハイのみで競争をしますが、慣れてきたら背中に様々なものを載せていきます。年齢によって載せるものを調整しましょう。ハイハイの動作は転んだ時、とっさに手を前に出す動作を身に着けることが出来ます。

しっぽとり

子どもたちが大好きな鬼ごっこは自然と走る動作が身に付きます。年齢によっては保育士がしっぽをつけて園児が追いかけるのもよいですね。

まとめ

いかがでしたか。梅雨のどんよりした空に負けない楽しい遊びをたくさん子どもたちに提供して、雨なんて吹き飛ばして下さいね。

2016年7月29日 (金)

暑さも吹っ飛ばせ!8月にオススメの保育計画案

もうすぐ8月!
幼稚園は夏休みですが、保育園はお盆以外ずっと仕事!という保育士さんがおおいのではないでしょうか?

しかも每日すごい暑さで、こどもも保育士も汗ぐっしょり・・・。
保育士さんにとっては、汗や日焼けなど、つらい季節ですよね。

そんな夏バテを吹き飛ばすような、8月におすすめする保育ネタをお届けします。
Lgf01a201312021000

8月におすすめの絵本は?

はなび ドーン

赤ちゃん絵本の「はなび ドーン」。
絵本の見開きいっぱいに書かれた花火の鮮やかな挿絵は、大人がみてもとっても綺麗です。

花火大会にはまだ連れていけないな、という絵本でも、夏の季節感を楽しむことができます。

花火の打ち上がる瞬間は大人でもわくわくしませんか?
それは子どもも一緒です。

真っ暗な夜空に「しゅしゅしゅ~~」と一筋ぐんぐんあがっていって、次のページでは「ドーン!」

単純だけど見応えのある絵本なので、読み聞かせがあまり得意ではない保育士さんも安心です。

おまつりおばけ

おまつりもおばけも、夏ならではのものですね。

この話は、おまつりに出かける準備をしているおばけ一家の話。
「おばけなのにおまつり~?!」という子どもたちの反応が目に浮かびますね。

でも、さあでかけよう、というときに人間につかまってしまいます。

いったいおばけはどうなっちゃうの?!というストーリーに、こどもたちも夢中です。

まとめ

いかがでしたか?

花火やおばけ、おまつりなど、夏らしいテーマの絵本はまだまだたくさんあります。

「今日もこれ読んで!」と言われるような、子どもたちお気に入りの1冊が見つかるといいですね。